美容整形手術は信頼関係を築ける医師|クリニックの雰囲気

専門の美容外科で行なう

乳房再建にもいろいろあります

人間の身体は複雑です。ただそこに乳房があればいい、というものではなく、やはり左右対称の、なるべく自然な形に再建したいでしょう。 そして、乳房再建の意志が固まっているのなら、出来れば乳癌手術の前にその点を担当の医師と相談されることをお勧めします。乳癌の手術の方法によって再建方法も変わってきますし、癌と再建両手術の担当医の意思疎通が良好な方が、乳房再建の結果も良好であろうことは言うまでもありません。 それに、もし癌と形成両方の専門医を抱えている病院ならば、同時に手術することも可能だからです。この場合、時間を置いてから再建するよりも費用が安くなるケースもあります。 乳房を失うのは、女性にとっては大事件です。どうか納得のいくまで医師と相談して、本来の自分の美を取り戻しましょう。

気になる再建手術のお値段は

女性にとっては大切な乳房再建ですが、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。 乳房再建を決意した場合、その方法やいつ再建手術をするかによって、価格は変わってきます。大きく分けると、癌治療と再建を同時にするのか、それとも2回に分けるのか、また挿入するインプラントに人工物を使うのか、自分の他の部位の組織を利用するのか、ということです。 乳癌と同時に乳房再建を行う場合は、手術法に関わらず保険が適用されます。また、自分の組織を使う場合には、同時に行わなくとも保険適用です。費用としては、だいたい自分の組織を使う方法が30万から60万、人工物を使用する方法が30万から50万ほどです。高額医療費の払い戻し制度が利用できますので、最終的には8万から10万程でしょう。 ただし、同時手術ではなく、かつ人工物を使うとなると、これは美容目的ということで保険が適用されません。この場合はだいたい50万から100万ぐらいかかります。 大切な胸、費用もさることながら様々な面から検討して、選びたいですね。