美容整形手術は信頼関係を築ける医師|クリニックの雰囲気

切らずに治療できる

わきがの治療方法について

わきがは体質からくる体臭であり、生まれつきわきがに悩まされている人も多いかと思います。特に汗を多くかく季節や緊張して汗をかいてしまう際などは、気になってしまうこともあるかと思います。これまで、わきがの治療は手術による治療が主流であり、ワキの治療であればワキを切り開いて原因となる汗腺を取り除く治療がなされていました。手術による治療は、傷跡が残ってしまったり術後に入院が必要となることでダウンタイムが長くなることから、治療を断念されるケースも多くありました。最近では、切らずに治療ができる治療法が開発されてきています。手術と同等の費用で治療を受けることができるため、切らずに治療を行いたいという人の間で注目されています。

ミラドライによる治療

切らずにわきが治療ができる治療法としては、ミラドライによる治療法があります。ミラドライはマイクロ波の照射により皮膚の下にある汗腺を照射することで治療をおこないます。治療の際は、部分麻酔を行うため痛みはほとんど感じることはなく、また入院の必要もありません。治療後は1〜2週間ほどは腫れがありますが日常生活への影響はないため、手術による治療に比べてダウンタイムが短いというメリットがあります。現在では、ミラドライによる治療の効果は100%であるとは言われておらず、効果を感じにくいというケースもありますが、今後は治療の技術がより進歩していくことが予想されます。技術の進歩により、ミラドライの治療の満足度は向上されていくことが考えられます。